新卒に送る!上司に気に入られるための付き合い方まとめ!

新卒に送る!上司に気に入られるための付き合い方まとめ!
Advertisement

去年の就活からもう入社。慣れない環境で身体も心も疲れてもう嫌だ。

入社当時はそう感じることがありますよね、私もありました笑

私はIT業界に未経験で入社して、まず上司に気に入られることに注力しました。

社風もありましたが、その方がボーナス・昇給の近道だなと感じたからです。

ハッキリ言って新卒の1年目なんて使えないです。ミスしてなんぼです。

私は「俺がミスしたらしっかりケツを拭えよ」という心持ちで仕事してました笑

思っていても顔には出ないように注意しましょう笑

さて、私の話はもういらないと思うので本題に。題して、

上の人間が好む後輩!

 

1.頑張る子

当たり前です。出来ないなりに頑張る子は可愛いんです。小さな子供とかが初めて何かにチャレンジして出来ないながらにチャレンジしてるのって可愛いじゃないですか。

上司も頑張ってチャレンジする新人は可愛がりたくなるものです。

わからなかったらタイミングを見て質問しまくりましょう。

まぁしすぎると「ちょっとは自分で考えろ」ってなるので、質問の仕方を変えて

「自分はこう思うんですけど、これであっていますか?」

と、自分の意見を混ぜると印象上がります。

しっかり考えてるな、頑張ってるなってなります。

わからなくてもめげずに頑張れば上司はしっかり可愛がってくれますよ。

手のかかる部下ほど可愛いと言われるくらいですし、ケツ拭いてもらう気持ちで上に頼りまくりましょう!

たまに放任主義の人もいますが、そういう人もいざという時は守ってくれるので、どうしようもない時は甘えまくりましょう。

しかし、その後も大事です。それは次の項で。

2.誘う子

昨今の若者は飲みニケーションが少なすぎる。

一部の大人たちはそんなことを言っているらしいですね。少なくてもいいじゃない。

しかし、飲みの席の会話が役立つのもまた間違いではないのです!

仕事中の会話だけだとどうしても業務連絡的な会話だけになり易いんです。

そうするとお互いがお互いをよく知らない状態で仕事をしていくんですね。

ですから、月に1度だけでもいいんです。

時間がないからと嘘をついて1、2杯だけ飲んで帰ってもいいんです。

上司と飲みましょう。腹を割って話すことで広がるものがあります。

月に1度2時間だけ。長い目で見て得でしかないです。しかも上の人は奢ってくれます笑

可愛いんです、一緒に飲んで楽しく喋れる新人は。

そんな新人から誘われたら上司はどう思うと思います?例え仕事ができなくても可愛くなって面倒見てくれます。

お酒飲めないならジュースでもいいんです、それを駄目だという人はできない大人なのでそんな人と飲みに行くのはやめていいです。

人は選んでいいです。ただ飲みなんて時間の無駄!っていうのは違うかなと私は思います。

飲みに行かないで家にいる2時間と、飲みに行って今後の仕事が円滑になるなら、圧倒的に後者の方がいいと私は思います。

それ以上の価値を家にいる2時間で作れるならいいと思いますが笑

3.話す子

これは飲みに通ずるものがありますが、話をする子は上もその子個人を理解しやすいです。

こういう子だからこう育てよう、この子ならちょっとチャレンジさせて失敗しても折れないだろうな、この子はじっくり育てていこう、とか色々考えます。

自分のことを知ってもらうって大事です。

それと同時に相手のことも知りましょう。

この人は今質問しても大丈夫、あの人はこの相談に適した回答を持ってそう、選択肢が広がります。

コミュニケーションが苦手だ、そんな人もいると思います。

気にしないで大丈夫です。そもそも上はコミュニケーション苦手ということを理解して話を聞いてくれるはずです。

むしろコミュニケーション苦手なのに頑張って自分のこと伝えようとしてるなんて可愛い新人じゃないですか。

そんなの聞いてあげたくなるものです。

私も役職の人と話すときは上がってしまいがちでしたが、そんな時もしっかり話を聞いてくれる上司ばかりでした。

その後仕事中に2人で1時間雑談しちゃう時がしばしば笑

話すということはお互いの理解につながり、理解は仕事のし易さにつながっていきます。

物怖じせずに話しまくりましょう!

仕事中に話しすぎると怒られますけどね笑

4.冗談を言う子

昨今、パワハラだセクハラで上は下に世間話や冗談を言えなくなっています。

上司に確認したら怖くて言えないと笑

確かにハラスメントはいけないことです。

でも冗談がない職場に毎日8時間いるのって苦痛すぎません?笑

それならこちらから冗談を言って、私は冗談行ける人だぞということを知らしめてやりましょう!

ここで相手をディスる冗談は言わないようにしましょう笑

万が一地雷踏んで嫌われたら元も子もないので笑

じゃあどうするか。

自虐です。

自分のウィークポイントを曝け出してやりましょう。

笑ってくれるはずです。

もし滑ったら、「今の冗談なんだから笑ってくださいよー」って言えばOKです。

そうなってしまえばもう冗談いけますよと言ってるようなものです。

ただタイミングは間違えないでください、怒られかねません笑

5.意見をハッキリと言う子

これは「キモい」とか「ウザい」とかそういうことではないです笑

仕事中、何かで上司と意見がぶつかる時があります。

私は論破されるまで自分の意思を曲げません。

相手を私の意見で納得させようとします。

まぁ新人の付け焼き刃の知識なんて経験豊富な上司には敵わないんですが笑

この時、上司が貴方に抱く印象は?

「反論してきてウザいな」でしょうか?

「俺の言う通りやっとけばいいんだよ」でしょうか?

それはできない上司です。

できる上司は

「こいつしっかり考えて仕事してるな。正しい考え方を今教えてあげよう」

と考えます。

意見がぶつかる時、それは喧嘩をしているわけではなく、議論をしているのです。

新人は上司の機嫌を損ねたらまずいと思って、言われた通りのことをやりがちですが、ここは折れたくない!と言うときはぶつかっていいです。

自身の考えを叩きつけましょう。

論破されるでしょう。しかし、それは貴方の知識となるし、上司にいい印象も与えます。

上司は腐ったミカンや仕事をする機会を作っているんじゃないんです、人間を作っているんです!

金八ネタは古いでしょうか?

でも、合っていると思います。

1人の人間として仕事をこなせるように部下を育てているんです。

もし、腐ったミカンを作る上司がいたなら、そいつ1人腐らせておきましょう。

Advertisement

あとがき

色々連ねてきましたが私もまだ新人です笑

でも上司を見ていると、今まで書いてきたような態度なんです。

実際に聞いたこともあります笑

上司も人間です、つまらなく仕事するより、楽しく仕事をしたいはず。

お互い理解し合えば、苦しい仕事も終われば笑い話に、酒の肴にできます。

新人の皆さん、気張らずに上司と接していきましょう。