Wordのインデントの使い方と黒い点のズレ等の直し方!

Wordのインデントの使い方と黒い点のズレ等の直し方!
Advertisement

Wordで文書を作っているときや、Wordで作られた文書の修正を頼まれたとき、

インデントの黒い点や行の開始地点がズレてしまうことってよくありますよね。

私もそれを直せと言われて頭を抱えたことがあります笑

今回はそれの直し方、調節の仕方を記載していこうと思います。

黒い点の直し方

まずは黒い点の直し方です。

インデントが連続して続いていると左にある黒い点がずれてしまうんですよね。

連続していることが条件かはわからないのですが笑

黒い点がズレた時の対処法は以下でございます。

直し方

1.直したいインデント行にカーソルを合わせます。

2.[右クリック]-[段落]-[間隔]の順にクリックしましょう。

3.[段落前]と[段落後]の値を変えます。

一行目のインデントは「0」行、「0」行に設定する。

二行目のインデントは「1」行、「1」行に設定する。(二行目に関しては他の段落の行間を見て合わせて設定する。おそらく「1」で合うはず)

これで黒い点を綺麗に揃えることができるはずです。

文字サイズとの兼ね合いもあるがこれで大体揃います。

もし揃わなかったら二行目の行間をいじってみてください。

黒い点が下にずれていたら[段落後]を小さく、上にずれていたら[段落前]を小さく設定したりして調節してください。

文字の開始地点の調節

 

インデントの文字の開始地点を調節するにはインデントマーカーというものを使います。

まず、[表示]タブから[ルーラー]を表示させましょう。

すると文書の上部にルーラーが表示されます。

そのルーラーの左と右にマーカーががあると思います。

左側には上に逆三角形、下には三角形があり、下の三角形の下に四角があります。

右側には下三角だけあると思います。

それがインデントマーカーです。

では、それぞれのマーカーの意味を記載していきます。

左側の上にある逆三角形は「1行目インデント」

「1行目インデント」は選択範囲の段落の1行目のインデント位置をずらしてくれます。

段落の始まりは1マス開ける、なんて小学校で作文を書くとき習ったと思います。

それを実現してくれたりするのがこの左側の逆三角形、「1行目インデント」です。

左側の下にある三角形は「ぶら下げインデント」

「ぶら下げインデント」は2行目以降のインデント位置をずらしてくれます。

以降というところがポイントです。

目次を設定した時などの体裁を整える時に大活躍します。

左側の下にある四角は「左インデント」

これは簡単です。

「1行目インデント」と「ぶら下げインデント」の両方を一緒に動かしてくれます。

正味これはあまり使わなかったりします笑

両方動かすんだったな~的な感覚で頭の片隅に入れておきましょう笑

右側の三角形は「右インデント」

これも覚えやすい上にあまり使いません笑

右のインデント位置をずらしてくれというものです。

右側のインデントもいじりたいときに触ってあげればOKです!

小技テクニック

最後に、「インデントマーカー」を使う上での小技です!

[Alt]キーを押しながら「インデントマーカー」をドラッグすれば、

何文字分引っ込めるか、ルーラーにその数字を表示してくれます。

意外とシビアな感度ですが、人の目で見てわからなければいいや程度だったら、大体で合わせられるので便利です!

どうしても切りのいい数字がいいというときは[右クリック]-[段落]の[インデント]部分をいじってあげましょう!

Advertisement

以上がWordのインデントのズレの直し方です!

お役に立てれば光栄でございます。

ではまた。